ローンと一括購入の違い

新車を購入する時の支払方法として、大きく現金一括払いとマイカーローンでの分割支払いの2通りあります。現金一括主義という人種はいつも存在します。その理由としてその人のスタンスや人生観もありますが、メリットとしては利息がないという点が第一です。

 

現金一括払いであれば、ローンではないので利息は発生しません。車両本体価格と初期費用を最初に払ってしまうので、余計なお金を払う必要がありません。これは、金銭的な損得だけでなく、リスク管理という面でもメリットがあります。ローンで支払った場合には、途中で車を廃車にしてしまったり、理由があって乗り換えたいと思ったりした時に、残債が残ってしまいます。一括で払ってしまえば、残債は残りません。

 

一方、マイカーローンのメリットといえば、何といっても貯金がなくても新車が購入できる点にあります。現金一括で買えばメリットがあるのは当然ですが、できるのであれば誰でも一括で購入しているかもしれません。マイカーローンがあれば、大抵の人が新車を無理なく購入できます。

 

デメリットとしては、やはり利息がかかってくる所です。デメリットを軽減するための方法は大きく2つで、金利の低いマイカーローンを探すのと、頭金を少しでも多く用意する点です。

 

頭金を用意しておけばマイカーローンの審査にも通る可能性が上がるので、一括で購入をしないとしてもある程度のお金は用意をしておきたいものです。